PROJECT

1.違和感を感じる原因〜設備を綺麗に見せるにはビルトインでしょう

綺麗な空間を考えるときに頭を悩ませるのが「生活感」とどう向き合うか。「生活感」を悪い意味で隠しているのがマンションのモデルルームだと思います。

これは三井不動産のマンションのモデルルームの写真ですがテーブルの食器の配置やソファーやリビングの奥の方に見える机の配置など。どうも生活感のない空間に感じますよね。シンプルな空間を求めるみなさんにとっては違和感を感じる空間だと思います。

すっきりした空間で「生活感」が良い意味で感じられるのが理想と考えるみなさんには「もうすこし何とかならないのか?」と感じられると思います。特にすっきり感が感じられないのが洗面所ではないでしょうか?狭い日本の住宅においてはどうしてもお風呂の入り口になるのでどうしても「ゴチャゴチャ」しがちで。

その中で目立つのが洗濯機置き場。いわゆる「白物家電」はどうしたものか日本製は全くデザイン的に問題が。「白物家電」と言われるも製品は、機能が重視されてデザインが置いてきぼりになっています。デザイン性の無い家電がある洗面ていうのは、、、

洗濯機置き場の上の部分には中途半端な吊り戸がつきがちで。洗濯機の大きさに関して想定される最大値の洗濯機のサイズを考慮して付けられるので、洗濯乾燥機が想定よりも小さいと中途半端な空間ができすっきり感がまたったくなくなります。

やはりこういった感じでビルトインした洗濯乾燥機って良い感じではないでしょうか?これはMAYTAGというメーカーの洗濯乾燥機です。一体感を醸し出していると思います。洗濯乾燥機をビルトインするだけですっきりした感じになると思いますが。

もう少し家電をビルトインする事に関してのお話をもう少し続けたいと思いますので。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388