PROJECT

風景がわかるようになりました

スケルトンと言われる内装全部を解体して組み立てる手法があります。原則私たちの商品は出来る限り既存の間仕切りを使ってのリノベーションをする事に心がけています。理由は、施工費が安くすむからです。やはり原価を押さえないと売価に反映せざるを得ませんので。知恵の出しどころです。

解体を最小限にしてしかも設備の更新のしやすさも考えて商品企画をしないといけません。結構大変な作業です。そのためにプロの知恵を借ります。そうして大まかの方針を決める事が可能になります。しかし、実際には解体をする事で構造の確認ができ工事の内容を決める事が出来るのです。現実に今回も解体をする事で工事の変更を行いました。

今、やっと「廻る家」の構成がわかるような状態になりました。工事内容が確定したので設備関係の発注が行えます。工事のスケジュールは来週には公表出来るようになると思います。現状でも見て頂ければ家を考えるきっかけになると思いますので一度見て頂く事をお勧めいたします。マンションの構造とはどうなっているのか?将来的な修理はどうするべきなのか?などの基本的な知識を持って頂けると思います。

かつて所属していた会社で工事中のマンションの販売を行うにあたり定期的にお客様に現場説明会をやることを提案しましたが採用されませんでした。お客様には見えないところ見て頂き安心を買って頂く事が大切だと考えています。そのため、私たちは工事段階での情報公開と案内会を行っています。見て頂き確認して頂き安心して頂くそれが大切だと考えています。

お気軽にご連絡ください。私たちは営業行為は行いません。行うのはコンセプトから始まる商品の説明やそこでの生活についてです。ご暗視頂ければと思います。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388