PROJECT

近くの新築マンション

2017年07月5日

事務所から松濤の現場まで自転車で10分程度なのでまめに現場の確認をしています。せっかくなので松濤の街中を探索しながら通っています。

そんな中、新築のマンションの売り出しを見かけたのでチラシをもらって事務所に戻ってPCで調べてみた。

これが内装写真です。ふむふむと思いながら。まずは、デベサイドも安全性基準とデザインのせめぎ合いの中でデザインを優先する事を考えはじめたことに気がつきました。それは、キッチンの角の所です、今まではとがったものが飛び出していると事故の元だからと言うことで禁じられていました。そのため、マンションのカウンターは角が取れた丸い形になっています。しかし、ここではちゃんとピン角に。よしゃ〜。

そして、キッチンの上部に吊り戸が無い。これもよっしゃ〜。あとは写真で見る限り天井と壁のクロスが同じ。昔は壁と天井のクロスは別にするルールが。天井と壁のクロスが違うと天井の低さを感じちゃうので良くないのですが、これはきちんと同じ素材が使われてますね。

そんな中痛いのは照明。なんか〜〜〜ないよ〜

天井の下がり天井。確かにエアコンを埋め込むのは良いのだけど、そのために中途半端な下がり天井が出てくる。エアコンの効率を考えてセンターに置いたのだと思うけど・・・天井をすっきるするためにはリビングセットのある方の天井はすっきりさせる。そうエアコンをダイニングテーブルの上にする。そっちの方がキッチンの所に建ったときに綺麗に見えると思いますが。

あとなインテリアコーディネーターの問題ですが、家具の配置が逆だと思います。普通に考えるとキッチンの前がダイニング空間だと。私達だとキッチンがこの場所に決まっているのであればキッチンにダイニングテーブルをくっつけちゃいます。その配置の方が綺麗に切れると思います。余り好ましくないのですが天井の照明はキッチンのシンクのセンターから考えて出来るだけシンメトリーな配置にする。そうすることでこれだけ高価なキッチンを使っているのであれば見せるキッチンなので持てる力が引き出せる気がしますね。

写真だけではなんなので一度内見してみようと思ってます。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388