PROJECT

躯体が見えてきました

2017年07月5日

スケルトン化に向けて解体もだいぶ進んできました。

工事は結構大変で、管理人さんが住み込みで管理されていますので工事で建物を汚すことにないように指導されます。しかも工事時間終了後の点検もされますので。職人さんにそういったことを伝えるのがなかなか難しく。しかし、そんな厳しい管理人さんが住み込んでおられますので管理は完璧ですね。

先日も設計者がマンションに入ろうとしたら職人さんがいたので内側からオートロックを開けて貰った。すると直ちに管理人さんが出てきて「どなたですか!」との指摘が。いや〜完璧なセキュリティです。縁あってオーナーになって頂く方にはこの種の話をお伝えしたいと思います。やはりマンションは「管理」を買うものですから。

さて、写真は躯体が出てきたところの写真です。当然経年劣化はありますが、元施工がしっかりしていたからでしょう躯体にはクラックは入っていません。ごつごつとあんパン見たいのが付いてますがこれはGLボンドと言うもので石膏ボードと躯体をくっつける建材です。これも綺麗に剥がしていきます。上の写真の窓g亜今回の売りの一つです。この窓を上手くいかせた企画を考えていますのでこうご期待。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388