PROJECT

解体が始まりました

2017年07月3日

日本のマンションは「間数勝負」と言うことで細かく部屋を刻んでいきます。そのため、間仕切り多くなり自然の光が室内に届きにくく薄暗い感じを与えます。この薄暗さは谷崎が「陰翳礼讃」で称賛していたようなもので無く、本当に薄暗い。

しかし、解体してスケルトンかを目指すと間仕切りが無くなり自然の明るさが部屋の隅々まで行き届くためにその部屋の持つ本当のポテンシャルが分かる気がする。

今回も一部間仕切りが外されることで明るさが感じられるようになってきた。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388