PROJECT

玄関での楽しみ

玄関は家に帰ってきて一番最初に接するところ。そうなると玄関をまず充実させていと考えます。

商品を企画する上で私たちは他社の商品を見ることはありません。近隣で新築がいくらで売りに出されているか?や商品としてはどんな企画なのか?を知る意味がないとないと分かっているからです。

なぜ知る意味がないのか?それはすべての不動産業者(売上1兆を超える大手から町場の不動産業者まで)が商品企画をするときに近隣の商品を比較するからです。比較するとどうなるか?新規の搬送は出てこないことになります。隣の商品にある設備、広さや間取りを単純に比較するだけですので本質的に入居者の生活を意識した商品の開発はされません。

私たちはオーナーとなられる方の生活を想像して設備や機能を組み立てていきます。その差のわかりやすのが玄関になります。通常のマンションでは玄関は靴を脱ぎその靴を納めるできの機能があればいいと考えています。そのため狭い。販売時のパンフレットや広告ではリビングの広さは重要なのでその広さを増やすことを考え、広告では表示されない玄関の広さは狭くされる運命にあるのです。

私たちは最初にお話ししましたように玄関は家に帰ってきて一番最初の空間。そのためゆったりとして空間にします。靴を脱ぐときにゆったりでき1日の疲れを癒したい。その考えから広々としたベンチを設けています。杉の無垢材の中空パネルのベンチは木の持つ温かみを感じ1日の疲れを取り除いてくれるようにしています。

玄関は「廻る家」のオーナーになった喜びを感じさせてくれる空間になるようにしています。最終図面ができたところで詳細のご説明をいたしたいと思います。

次回は玄関の空間に設計に関してのご説明をいたしたいと思います。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388