PROJECT

断熱材を埋め込んでいます。

2017年07月27日

やはり古いマンションですので断熱材の性能があまり好ましくないので今回のリノベーションで断熱材をしっかりと入れ直しています。

こうやって断熱材をしっかりと埋め込んでいます。黒い紐のように見えるのが電線でこの先にスイッチやコンセントが付けられることになります。この上に石膏ボードが貼られることになります。その上にシェルペイントが2ミリの厚さ塗られます。

実はこのシェルペイントにも断熱効果が認められています。実験の模様がシェルペイントの紹介ページに公開されています。そのため、この室内はかなりの断熱交換のある部屋になります。そのために壁などにはカビなどが発生することはほとんど無く、衣類などの保管には適した空間となります。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388