PROJECT

間接照明下で感じる事

2015年02月20日

IMG_5045

柔らかいな光を生む間接照明

間接照明を活かすと思う時に、壁と天井の色合いと形状を考えます。「棲家」で気づいた事があります。それは壁や天井の材質です。考えてみれば至極当然の事で、間接照明である以上光が照らされる場所で光は様々な表情を見せてくれるからです。

何故この「棲家」の関節照明は柔らかい色合いを出すのでしょうか?それは壁や天井がクロスではなく『シェルペイント』だからです。左官で仕上げられたこの壁と天井に微妙な凹凸やパターンを生み、光がまるで滲む様に広がりをみせてくれるのです。工場で生まれるクロスの様に均一ではない左官仕事がこの光と影かまざり合う光明を生むのです。

 

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388