PROJECT

廊下は見せるもの

今回ベッドルームへの入り口を廊下側に設けていません。普通のデベロッパーは廊下率さげるために出来るだけ不要な廊下を作りません。そのため玄関を入ってすぐに寝室のドアが出来ます。これって・・・・・

長い廊下はその先に何があるのか?を考えさせるわくわく感をつくる事が出来ます。また、なにかみたいものを飾ることが出来ます。大好きな絵や写真を飾ることで帰ってきたうれしさを感じられると思います。

シェルペイントを使った廊下は明るく愉しい空間になることだと思います。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388