PROJECT

住宅ローンに関しての考え方 住宅ローンは保険である

史上最低水準の金利になってます。そんな環境下で住宅をローンで買うとはどういう事なのか?はじめての方は悩まれる事だと思います。私たちは不動産業に携わっている関係で、住宅ローンに関しては安定した給与所得がある方であればそんなに問題なく話が進むため、その本質を考えることは少ないのが実情です。住宅ローンの性格に関してお話しして行きたいと思います。

最初は、「えっ」と思われる話が「住宅ローンは生命保険」であるということです。住宅ローンは借り入れしている方が亡くなるとローンの支払いが免責されるシステムがあります。システムとしては借り入れをされる方が保険に加入する団信というものです。

ポイントはこの団信。フラット35などの住宅支援機構のローンは団信の保険料は借入者の負担になります。しかし、多くの民間住宅ローンは団信保険料は金融機関側が負担します。そのため、ローンを借りる事で実質保険に加入する事になります。

そこで、ローンを決める時に考えてほしいのがこの団信保険料。仮にローンの金利が安くとも団信保険料を考慮した総支払い額で比較しないと正しい判断とはなりませんので。保険とローンの話をうまくまとめたサイトがありますのでこちらで考えて頂ければと思います。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388