PROJECT

プランは練り直された

2017年06月13日

現地に行って困ったものが室内珍しく躯体壁があったこと。通常のマンションは「壁式」と「ラーメン式」という二つの躯体構造の形式があります。

「壁式」とは壁自体が構造体となるもので、昭和の5階建階段なしの公団の集合住宅がこの様式です。5階建までしか現実的にはできません。壁式のメリットは室内に原則柱形や梁型が出てきません。しかし、壁の物理的な量が必要になりますので、リノベーションをやるには制約が出てきます。

「ラーメン式」とは柱と梁で躯体構造とするもので、壁の量はあまり制約がなく柱の大きさ梁の大きさで建物持たせる方式で。柱と梁の大きさの制約はあるのですが壁の量はあまり必要とされないので建物型など自由に設計することができます。

今回のマンションは「ラーメン式」なのになぜか室内に躯体壁があって・・・・普通はお隣さんとの間の壁が躯体壁になりますが、それ以外のところでは見受けられません。しかし。

そのため、この躯体壁に隣接して設備関係は変更できないのでコンセプト自体を変更することになっちゃいました。当初のアイディアはバルコニーと一体化したキッチンの配置でしたが、それができないとわかったので、キッチンスタジアム方式に変更することになりました。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388