PROJECT

ヒカリノイエの商品に関するご説明 その1

2014年09月17日

夏休みも終わり本格的な秋を向かえようとしています。

さて、「ヒカリノイエ」に関しても販売体制が整い始めましたので再度商品に関しましてご説明をさせて頂きたいと思います。

<自然素材へのこだわり>

アサガミ株式会社より管理業務を痛く受けているコンフォール参宮橋で自然素材の事務所にしてそのよさを体感するにいたり、それまで開発企画していたマンションや戸建ての不健全な使用に対して疑問を持つようになったのが自然素材にこだわるようになった原因です。子供の頃から軽度のアレルギー性鼻炎でした。そのため春先の健康診断では治療を指示されいやいや病院に通っていました。その鼻炎も40歳を過ぎる頃には花粉症のじきになると重傷化してピーク時には外出もかなわない状態でした。そんな時にコンフォール参宮橋の管理を受託する中で自然素材を使ってみようと床は杉の無垢のフローリングにし壁天井はシェルペイントで塗りました。すると、この事務所空間にいると体調が良くなるのを感じ翌年には花粉症は発症する事はなくなりました。

この体験が今まで開発していた住宅の仕様の問題というか反省をするようになったのです。そこで、建売住宅やリノベーションを開発する場合にはこ「自然素材」を使う事にしたのでした。その後1軒目の建売「清瀬の家」のオーナーは「1年毎に家が冬は暖かくなり夏は涼しくなっている」との話を受ける事になりました。そこで継続して自然素材の住宅の開発を行なう事としたのです。

<実験住宅>

シェルペイントと杉の無垢のフローリングが相性が良いのは体験済みですが、実際に生活する事での問題点を把握する必要があると考え2件目の「無垢の家」の建売のうち1軒は自宅とする事にしました。知り合いの不動産業者からは「普通建売屋の社長は10軒目ぐらいやって問題点を把握して買うのに良く早く買うね〜」と言われました。しかし、実際に「無垢の家」の問題点や利点等は実際に使ってみないとわからないので自分で住むことにしたのです。その結果おもわぬデータというか利点に気がつくことになりました。

それでは実験住宅としての「無垢の家」の良さに関しては次回に

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388