PROJECT

デザインを考える

2014年08月14日

さ〜商品企画の取り纏め。さてその前に家を建てると言うことに関してから。

 

自分の思った家を建てるのには3軒必要だと言われています。それは、1軒目は自分の考えを入れて作り思ったものでなく失敗。2軒目は失敗に懲りて設計者に任せて建てる。これは設計者の思い入れが入る為に往々にして失敗。3軒目は自分の意見と設計者の考えを組み合わせる事により思った通りの家を建てる事が可能になる。それがこの話と言われています。

 

私は正しいと思うそれ以上に重要なのは2次元と3次元の違いを認識できるようになる事だと思う。設計図はどこまで行っても二次元。しかし家は3次元。そう次元が違う。この次元が違う事に関しては勉強や情報の提供だけではダメで経験して覚えるしか無い。平面図では良いが建てると痛い。こんな事はいっぱいある。そのために3次元が認識できるまで時間がかかると言う事だろう。

 

私もやはり3軒建ててやっと3次元が認識できるようになった。これはかなりの収穫で平面図から立体的なイメージが湧く。そのため人に伝えやすい。そこで、「集う家」では現地を見ていて三次元の空間がイメージできた。あとはこのイメージを私の切ないマンガと言葉で設計者に伝えられるかどうかが重要になる。今回は基本がキッチンからイメージして来ているのでキッチンに強い設計者に頼む事にした。

 

和田さんだ(http://www.studiokaz.com)。大事な事は施主がぶれない事。全てのものが発注を伴うので変更があれば全体に影響を与える。ちょっとした変更でも設計者や施工者はその調整で多大な時間と労力を使う事になる。目に見えないコスト。経済学的には機会費用といわれるもので。これが実は設計料は施工費に跳ね返ってくる。そのため私はコンセプト集を事前に作る。そこで、自分の考えをまとめる事にあるから。

 

和田さんと現地であった。その時私はコンセプトとしては「キッチンから富士山が見えてそこに皆が集まりビールやワインを飲んで愉しむ生活」だ。仕様としては「天然素材を原則」として特に壁はシェルペイント(http://item.rakuten.co.jp/diystyle/shell-paint-spo1/)で床はニッシンのウール100%のカーペット(http://www.nissin-carpet.co.jp/catalog08/index.html)そして間仕切り等はナニックの木製ブラインド(http://www.nanik.co.jp/Products/WoodShutters/)。

 

話を聞いた和田さんのコメントは「リノベーション費用は1000万円ですね」と。「が〜ん」それじゃ赤字になると心の中で叫びながらリーズナブルな価格に抑えようと心に誓うのであった。。。。

 

基本的に指摘されたのは「ニッシンは高い」。いや〜私の人脈をすれば絶対安くなる。だって先代の社長は会社の財務戦略を組み立てるアドバイスを行ない飲み友達だった。絶対に安く入れてもらう。とここでも心に誓うのであった。

さらに問題となったのがユニットバス。これは施工業者の長谷川さんからも指摘された。それはサイズ。「無垢の家」では拘らなかったがリノベマンションではユニットバスに拘る事になっていた。それは、でかい風呂を入れたい。マンションを企画する時に大手のマンションデベは専有面積の広さに合わせて機械的にサイズを決めている。そのため、1LDKなのでは狭い風呂に入るしか無いのだ。そこで、私は差別化の為に1LDKでも広い風呂に入りたい人はいるとの考えから広めの風呂を入れる話にしていた。後日日本人と風呂に関してはお話致しますので。そのため、入るかぎり多きのを入れて欲しいと言った。二人からは「でも高いよ〜」と・・・・・・

 

あとは、キッチントップ(天板)に無垢材を使う事の問題の指摘だ。当然の心配事。しかし、私は売る時に「手入れをしないと腐りますよ」ときちんと説明して納得してくださった方に買ってもらえば良いと考えていたので「大丈夫、その辺のところは」という事で現地での簡単な打合せを行なった。和田さんは天井裏の見れる所から配管等を確認して「じゃ〜基本計画作りますよ」という事で別れる事になった。

 

しかし、問題は出てくるもので。次回は和田さんはどう言った手順で商品を考えて私に説明したかをお話ししたいと思います。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388