PROJECT

キッチンをインテリアにしました

2017年04月17日

私達はキッチンを住宅の中心に考えています。

同じような広さのマンションで検討して見ましょう。やはりキッチンは端に追いやられている感は否めません。しかも,必要最小限の空間の確保のみです。例えば夫婦二人で料理をしようとしてもまずは無理でしょう。あるいは友人を招いてのホームパーティなどでゲストが料理しようとしても・・・・東日本大震災で家が流されるのを目撃した人達は仲間と集い語らうことに価値を見いだすようになってます。

そんな社会の変化にこのプランは応えていないと言えます。設計思想は、女性はなるべくキッチンを他人に見てもらいたくないとの考えから来ています。しかし、見せたくないのは狭いが故にごちゃごちゃしないといけない空間を見せたくないので。良く女性はアイランド型のキッチンへのあこがれを語っています。

今回も見せるキッチンにする事で商品企画をしています。すっきりとしたキッチン大型の収納を用意していますので食器や鍋をキッチンにの上に置いておくような事にはなりません。またキッチンの脇には大型のパントリーがありますので収納に困ることはないと思います。

こんな大型のキッチンであれば気の置けない仲間と料理の準備の段階から愉しい時間が過ごせるとおもいませんか?

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388