PROJECT

なぜ「ユウヒノイエ」と名付けたのか

2015年07月22日

工事は順調に進んでいます。

間仕切りもできているので部屋のイメージがわかる感じになっています。週末までに写真を更新したい思います。

さて、なぜ今回の家を「ユウヒノイエ」と名付けたのか?それはレインズという業者間の不動産情報サイトで物件を見つけた時からイメージがわいていました。物件の開放部分の方位を考えると富士山から秩父の山並みまで一望できる。そう秋の夕陽は美しいのでは無いかなどと想像しました。

現地を内見したときには昼間でしかも細かい部屋割りがされているためにぱっと見た目では良い物件には感じられません。実際に仲介の担当者は私が仕入れるとのスタンスで来ているのを怪訝そうに見てました。

その後購入条件の交渉になり合意を頂き契約に。その契約の場で私は売主さんに「夕陽が綺麗でしょう?」と質問しました。すると、「そうなんですよすごく綺麗で。今は池袋の駅の脇に高層マンションができて見えなくなってるのですが、かつては富士山に沈む夕陽が見えてまして、それはそれは綺麗でしたよ」とのお話。「よしゃ〜!」と心の中で叫びました。

この夕陽を愉しむ空間にしたいとの思いから今回の商品企画は始まりました。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388