PROJECT

間取り図

2014年08月14日

たまには写真を入れましょうか。


これが間取りです。イメージとあいましたか?

さて本日はキッチンの中のガステーブルの問題について。ナニが問題か?それは防火に関して。それはガステーブルの周りには不燃材を使わないといけないと言う事。ブランディングが成功している大手不動産業者の5〜6000万円くらいのマンションでもがすテーブルの周りはキッチンパネルなるモノが貼ってあります。燃えないプラスティックで出来ているもので薄いピンク見たいない色が中心で。センスと言う概念が存在しない。

そこで「火が問題であればガスでなくIHにすればキッチンパネルでなくっていいのでは?」と私は提案しました。周りがシェルペイントで美しくし上がっているのにそこだけプラスティック?いやだ。しかし、和田さんも長谷川さんもダメ出しを。諦められない、私はコンロの前の所にガラスを貼りたかった。「清瀬の家」でコンロの前をガラスにしたらすっきりと美しく見えた。しかし、お二人はガラスは火で割れる可能性があるからだめと。

キッチンパネルだけは貼りたくない。余りにもダサすぎる。そこで私の妥協はステンレスを貼ったらでした。すると、和田さんが「高級感を出すのであればタイルでしょう」との提案を。確かにコンロの前だけステンレス貼るのでは主張が強くなって杉のテーブルを強調できなくなる。でも貼るのがコンロ前だけだと「貧乏臭くない?」との私は質問した。

すると和田さんは「貼るんだったらテーブルのとこまで貼るとメリハリが出ていいよ」との話に。確かにイメージは良い。でも大きなタイルがくると野暮ったく見えるのでいかがなものかと思っていた。すると「倉元さん軽い感じにするので」との話を和田さんはいって来た。こう言ったときは任せるに限る。そこでタイルを貼る事を承諾しました。

しかし、タイルの貼り方で問題が発生する事になりました。それは次回。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388