PROJECT

配水管の臭気

2014年08月14日

さて今回も洗面に関して。実は使われていないマンションは汚水の匂いがします。理由は下水管のトラップと言われる部分の水が蒸発して下水管の匂いが直接上がってくる為です。そのため、事情を知らない人は「なんて臭い部屋なの」って思っちゃいます。でもこれは水を流し洗濯機の防止パンに配水管を繋ぐとしなくなります。

 

そんな洗面脱衣所。白一色の中で遊びたいと思った。解体した時に躯体が出て来て結構墨の線がきれいに出ていたのでそれをそのまま壁にしてはどうかと思った。しかし、躯体の壁にはいくつかのヘアラインクラックとい割れ目が見えてました。構造上問題はないにしてもわからない人には不安感を与える。そこで、ヘアラインのクラックに補強材をいれてそれで仕上げにしようと思った。しかし、長谷川さんから「補強材入れると結構汚くなる」との指摘。折角のコンクリートの壁が見せれなくなる。

 

そこで躯体を見せるのはあきらめ補強材注入後モルタル仕上げでアクセントのある壁とした。今後も機会があったら外壁でない戸界壁の躯体を見せたなどと思っています。やはり時間が経った墨は結構きれいでして。次回以降乞うご期待。次回の「ヒカリのイエ」では残念ながら躯体を見せることは不可能でしたので。

 

それでは、次は照明の話でも。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388