PROJECT

線路脇ですが静かなマンションです

上原グリーンハイムでは線路側の窓に関しては2重サッシにしています。そのため電車の通過音は激減しています。窓を開放していて電車が通過すると70デシベルを超える程度になりますが、窓を閉ざすと50デシベル以下になります。50デシベル以下はいわゆる静かと言われる状態です。また、小田急の騒音対策の効果でしょうがそもそもが電車の通過音自体が減少している感じです。実際に小田急では

小田急

との情報を開示しています。走行時の騒音レベルは70デシベル以下にしているためかつてのような騒音のイメージはありません。加えて線路側の窓は二重サッシにしてありますので窓を閉めると室内は電車の通過時でも50デシベル以下になっています。

マンションの居住者の方の意見としても静かで気にならないと言われています。

 

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388