PROJECT

私たちの仕様の住宅では静電気は発生しません。

 なぜ私たちの開発する商品で生活すると花粉症の症状が軽減されるか、あるいは治るのかの理由の一部がわかりました。
 
 それは私たちの家では静電気が発生しにくい事にあります。木は静電気を通しますそのため室内に静電気が発生しにくい環境にあります。そのため花粉が室内に吸い寄せられないで風が吹くことなどの空気の入れ換えで室内の花粉量は減ることになります。現実には一定量の花粉になるだけで、出た分は同じ料が入っていきますので。
 
 ところが静電気の発生する住宅では風が吹いて花粉が入ってくる、しかし、室内では静電気が発生しているため花粉は室内に付着する。そのため、同じ風が出て行く中で排出はされません。そのため花粉が室内に蓄積していくのです。
 
 最近無垢材を使ったという家が増えていますが、無垢材を使ってもフローリングにコーティングをすると静電気が発生するので本来の無垢材の持つ良さを消してしまします。基本的に木の自然観があっても木の繊維の中に塗料等が浸透させていると静電気が発生します。それはホコリの発生を見たらわかることになります。この静電気はごく少量の静電気でも発生します。
 
 初めての建て売りの「清瀬の家」のオーナーさんから「ホコリが発生しにくいのが良いですね〜」のコメントをはじめて受けたときにはホコリが「木の繊維の中に入り込んでいる」と思っていました。でもそれは間違えで静電気が発生しないと言うことで。確かに私たちの仕様の住宅では静電気での「ピくっ」というのは発生していません。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388