PROJECT

杉の無垢のフローリング

2014年08月14日

「集う家」の廊下は杉の無垢のフローリングにした。なぜか?理由はただ好きだからです。そんな廊下に関しては二つの細工をした。一つは廊下を延ばしたと言う事。キッチンの配置の中で冷蔵庫置場を考えると既存の廊下の長さだと冷蔵庫の壁が見えるようになる。そこで、あえて廊下を延ばした。そうすることで壁が長く見えるので感覚的に広く感じる効果を期待した。また、杉の無垢のフローリングを廊下の長手方向に貼る。そのため長い線が目に入る為に廊下も長く見える。そう言った視覚効果も考慮した。

 

「集う家」の床には段差があった。通常配水管や下水管はスラブと言われるコンクリートの床の上に配置される。このスラブはスラブ自体はフラットにして配管する部分だけ床をあげる手法と配管スペースのスラブを下げる手法とがあります。「集う家」では前者で水回りといあわれる部分の床が上がっていました。その結果廊下を延ばす事は実は天井の低い空間を延ばす事になります。しかし、それ以上に廊下が長く感じる事で広い空間を感じられるようにする事が大切なんで。

 

この段差で和田さんは遊んだ。通常フローリングの終点は横に木を入れたりして納める。しかし、まずはこのような納まりにはしない。フローリングの端がそのまま出てくるかたちにした。この仕上がりはかなり面白い。和田さんのアイディアはそれだけじゃなかった。廊下とリビングの床の差が約1センチある。その段差を隠す為のアイディアがあったそれが長谷川さん泣かせだったのだ。

 

この10センチの壁に鏡面仕上げのステンレスを貼付けると言うもの。幅60センチ高さ10センチの枠に同じサイズのステンレスを入れる。数字としては合う。でも工事は人がやるもの数字通りの長さになっている保証はない。尚かつ入れるものと相手の枠の大きさが同じ。普通に考えても難しい。そう、ここで長谷川さんは泣いたのだ。

 

ステンレスを傷つけてはいけない。だから無理矢理押し入れる事はできない。細かい傷がつかないようにするその作業は大変で。1日かかりのような仕事に。

 

出来上がった鏡面仕上げのステンレスは鏡そのものでニッシンのカーペットをきれいに反射してカーペットがフローリングの下に貼ってあるように見えたらい、フローリングが浮いて見えたり。面白い仕上げになっています。

 

次回はキッチンの仕上げに関してのお話でも。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388