PROJECT

変なこだわりは無駄を生む  失敗しました

2014年08月14日

ユニットバスには後悔の連続がありました実は。私は「無垢の家」の開発をはじめたときからポリシーとして変更が困難なものにはオカネをかけるがそれ以外の設備関連はオカネをかけないと。そのため、あまりユニットバスに興味を持ったことはなかったのは事実です。

 

まずは浴室乾燥機。これは私の実生活で一度も使ったことはないしそもそも湿気の多い所が乾燥機になるなんて非常識と思ってました。そのために原則よ浴室乾燥機は外している。そこで、「集う家」でも外した。実は浴室乾燥機は現在標準仕様なので外すとある意味かいって高くなる。しかし、使う方の実態を考えたら浴室乾燥機は必要。だって14階も高層に洗濯物を干すなんてあり得ない。実は最終的に追加料金を払って付けちゃった。

 

次は浴室の窓。今回の風呂は玄関脇の住戸内の真ん中あたり。普通は窓なんか付けられない。しかし、施工していて感じた。このユニットバスに窓があれば風呂に入りながらこの夜景が見れると。そこで、長谷川さんにユニットバス切ってとお願いした。「だめですよメーカー保証が切れるから。最初にいってください」との冷たい対応。

 

これは常識のワナにはまっていた。実はユニットバスに窓を付けるとは外から風呂を見る目線。そうなるとエロだ。しかし、一人仕事からかえって来て風呂にじっくり入るとそこから夜景が見れるって良くないですか?そう目線を逆にするとなんらエロで無くなっちゃう。

 

そこで、今回の「ヒカリノイエ」ではユニットバスに窓を開ける事にしました。乞うご期待。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388