PROJECT

企画を考えると言うここと

2014年08月28日

コンフォール参宮橋の最大の欠点は交通の便が悪いということ。小田急線の人の流れの主流は代々木上原から千代田線へのつながりとなってます。そのため代々木上原新宿間の各駅停車の数は少なく交通に関しては不便な状況となっています。そこで、普通に事務所の営業をしても難しい。考えた事はテナントさんにとってイニシャルコストを下げる事を考えた。

まずは床のタイルカーペットは毎回交換される。使えばよどれる、しかもタイルカーペットは一番安いものを使っているので嫌みは激しい。そのため入居者が変わるたびに張替をしないといけない。こんな無駄な事はない。そうなると痛まないものは石になる。しかし、石は高いし重たいので現状の建物でその加重に耐えられるかわからない。そうなると痛まないでなく痛んでも良いものにする事が良いのでは?

そこでフローリングにすることを考えた。痛む事を前提に考えたので無垢材がいい。痛めばそれはそれでアジになるはず。床材は無垢材にする事にするのはいいが高いもの。一番安い無垢材は杉になるが杉は柔らかい。しかし、今回は痛む事を前提に考えていたので杉を貼る事をオーナーに提案した。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388