PROJECT

三井不動産レジデンシャルの基礎工事に関して見解

今回信じられない偽装が社会を騒がせています。基本的に報告データを偽装しているので防ぎようがない事件だと考えます。

そこで弊社が行っていますリノベーション事業に関しての見解を申し上げたいと思います。

美辞根雨sモデルとして中古のマンションを購入しているために構造などに関しては信用するしかないのが実情です。マンションの建築に関すデータが管理組合にきちんと保管されているのは概ねこの10年以内くらいです。不足するものが多数あるのが実情です。構造計算書は概ねマンションに設置されています。しかし、今回の偽装は検査データの偽装なのでどんな書類があっても安心の確認はできません。

唯一確認できることは築年数が古いため基礎に問題がり不等沈下が始まっている場合にはわかると言うことです。今回の三井の案件に関しては10年程度で確認できているので、現実にはそれ上の年数を経過しているものは沈下が確認できると思われます。目視による確認しかできませんが。

ご購入いただいた方には躯体に関しては保証できませんとお伝えいたしております。宅建業法上の瑕疵担保保証期間の2年しか現実には躯体に関しては保証いたしておりません。それはどうしても安全性の確認ができないためです。私どもは私どもが責任施工いたした部分に関しては10年の保証をいたしておりますが。

これからマンションのご購入される皆様はご不安になっておられると思います。私どもはできうる限りの安全性の確認はいたしますが、実情は前述のように築年が経過している中で、不等沈下が発生していないと言うことでの基礎の安全性を確認するしかできません。ご理解の上ご検討いただければ幸甚でございます。

株式会社アリストコンサルティング

代表取締役 倉元孝弘

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388