PROJECT

オリーブの家

新たな物件が始まりました。今回は東洋建設というゼネコンとの共同事業です。今までの当社が培ったノウハウと東洋建設の信用力での商品開発になります。

今回選んだ場所は小石川。歴史のある土地でありながら物件の前の通りはなぜか「オリーブ通り」となっています。理由は追々調べていくことにいたします。

すぐ裏手には名所の「伝通院」があります。江戸の三名山の一つで徳川家の墓所であり特に千姫のお墓は有名なお寺です。江戸名所図会にも浄土宗の檀林として紹介されている江戸時代からの観光名所。近年東京メトロが東京散策のために引用している「日和下駄」の永井荷風も「伝通院」という随筆を残していいます。

IMG_5179

荷風は家が落ちぶれているなかでかつてのすまいのあった小石川を懐かしむのですが。そこには江戸の高台の一つであった「伝通院」の風格と縁日などで多くの町人が集まって賑やかな街並みを思い起こしています。「伝通院」を中心に街がひろがった小石川は庶民と武士の混在する事になり風格と利便性がミックスした住みやすい街になっています。

近くには「こんにゃく閻魔」を中心とした商店街は日常生活に必要な商品は手頃な値段で手に入ります。また、昨年ニュースになった分譲マンションの解体命令に代表されるように住民の意識は高く、環境維持の維持はなされるようになっています。

そんな小石川で新たな商品を提供いたします。こうご期待。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388