PROJECT

こだわるもの

なににこだわっているのか?

これは大きな課題として存在します。デザイナーや施工者との間で共通していることは「お客さんのために」は地番大事にしていることです。やはり多くの方にとって一番高額な買い物なのでそこでお客さんが真損属することができないのであればそれは問題だと思います。その事は関係者共通の意識です。ただしこだわっているのか?とはちょっと異なっています。

こだわっていることは「美しく見える」「心地よく感じる」この二つのはこだわっているのは事実だと思います。これは数字にして表すことは出来ません。多くの不動産会社が開発する商品は数字で比較あるいは機能として比較可能なものです。しかし、そんな比較って必要でしょうか。天井高が2.5Mは快適で2Mか不快なのでしょうか?ユニットバスはタイル貼りが快適で足るが貼ってないと不快なのでしょうか?

答えは”NO”だと言い切れます。やはり感じるものであって全ての人がその数値通りに快適かというと層とは言い切れません。私達はこの感覚を大事にしています。しかし、私達の商品が全ての人に受け入れてもらえるとは考えてはおりません。ただ「美しさ」や「心地よさ」を求める人には納得して頂ける商品を開発しております。

次回から私達は「美しさ」にこだわった部分に関してご説明していくことにいたします。

最近の事業化案件

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388