CONCEPT

はじまり

外資系コンサルティング会社の日本法人の社長を務めその後数社の顧問等を勤める中でそろそろ自分で会社を始めるべきと考えて会社を設立したのが6年前。不動産関連と経営に関しての知識はあるつもりだったのでとりあえずコンサルタントでもとの軽い考えから社名を付けました。それまでの人脈から再生ビジネスの話や事業承継の話に関しての業務を行なっておりました。そんな中、上場企業から保有しているビルの入居率が落ちているので対策を考えて欲しいとの依頼が来ました。
IMG_0059
ビルは参宮橋。ワンルームのような10坪ほどの部屋が20室程度あるような事務所。普通に貸すには難しい。参宮橋と言っても場所がすぐ分かる方は少ないと思うような場所なので普通に貸すのは大変な物件です。そこで、考えたのがイニシャルコストのかからない事務所。普通事務所を借りるには敷金礼金等で賃料の3〜5ヶ月分の資金が必要になります。
しかも退去する時には原状回復費として工事代金の一部を負担しないといけない。ワンルームのような小型事務所を借りる方にそれは負担となります。そこで、原状回復費が不要な事務所にすれば借り手はつきやすいのではないかと考えたのです。
IMG_0045
原状回復費が不要なものは痛んでもそれがアジとなるような素材で作れば良いので知り合いのインテリアコーディネーターに相談しました。そこで、提案されたのが床は杉の無垢材で壁天井をシェルペイントで塗ることでした。シェルペイントとはホタテ貝の殻を練り込んだもので青森や北海道のホタテ漁を行なっている漁民が産業廃棄物となるホタテの殻の利用方法として考えたものでした。
ホタテ貝の殻は多孔質と言って細かい穴があいています。その穴が不純物を吸い込む効果があり、空気清浄効果が確認されています。福島の除染では放射能吸着剤として利用されているそうです。
さて、この仕様に施工して行くと途中から空気がきれいになって行くの感じられました。そこで事務所も参宮橋に移動する事といたしました。
IMG_0060

コンセプト

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388