BLOG

購入編 床について

2017年09月4日

マンションの多くのフローリングは合板の表面に木目のシートを貼っています。そのため、表面のシートが傷ついたときには現実的には補修は出来ません。例えばキャスターで何度もこすることではげるようなことになります。ワックスを塗っても同じで基本的にシートがはげているので。

さてこの場合に選ぶ方法は二つです、フローリングを剥がして新たにフローリングを貼る方法。もう一つは既存のフローリングの上にさらにもう一層フローリングを貼る方法です。

新たに貼る場合には、床を一旦剥がして撤収した上で新たに下地を組んでその上にフローリングを貼ることになります。フロー林だけを剥がすことが出来ないのかと言えばそれは出来ません。下地にフローリングを貼るときにボンドを付けた上でさらに釘を打つまでの丁寧な仕上げがなされます。そのため、フローリングだけを剥がすことは不可能です。

方や既存のフローリングの上にフローリング貼るのであれば、解体下地代が削減できますので確実にコストは安くなります。ただ、問題もあります。それは床が約2センチくらい上がりますので既存の開き戸などはサイズが合わなくなりますので作り直しが必要になります。そこはコストを計算しての判断になります。

最近のエントリー

カテゴリー

過去のブログ

お問い合わせ

株式会社アリストコンサルティング

〒151-0053
東京都渋谷区代々木5-55-6-307

☎03-6683-8388